ラグジュTV 066

ラグジュTV 066
出演:比々野 26歳 秘書

丸の内にある金融会社の秘書として働く170センチ、高身長の彼女。まわりはみんなバリバリと朝から遅くまで働き、いわゆるエリートばかり。そんな中でAVに出たなんてことがバレたらもしかしたらクビになるかもしれない。たまたま早く仕事が終わった日にコーヒーショップに寄り、一息ついていた。そこで声を掛けられたのがきっかけだ。結婚してからはそんなに他の男性には興味なかったけど、実際に声を掛けられると嬉しい。それにめちゃくちゃ褒めてくるのでつい舞い上がって、話も盛り上がり一緒にコーヒーを3杯も飲んでしまった。気が弱く、押されると断れない質だった。「詳しく話聞くまで、やるかはわからないけど‥じゃあ折角なんで話だけ…」と曖昧に返事をしたらいつの間にか出ることになってしまっていた。前からAVの世界には興味があった。実際にプレイしてみたらどうなのかと気になっていた。それでもやっぱり、いいのかなと迷う。同僚や夫にバレたらきっと大変なことになる。でももう遅い。気づけばあっというまに服を脱がされ、下着姿で言われるがまま椅子の上でM字開脚させられ、さらにストッキングも破られて、恥ずかしいけどその時にはすでにパンツに染みが出来るほど濡れてしまっていた。染みのついたパンツをカメラの前で撮ってるから脱いで見せてと言われ恥ずかしかったけど脱いでいくと異様な興奮を覚えた。露わになった私のあそこをくちゅくちゅと大きな音を立ててかき回されると、全てを忘れすっかり気持ちよくなっていた。フェラを頼まれ、さっき初めて会ったばかりの男の人のおち●ちんを舐めてる私…もう完全にエッチモードにさせられてしまった。部屋に来た時には挿入だけはやっぱりちょっと抵抗感があったが、気が付けばエッチモードの私は言われるがままシックスナインから挿入へと次々と事を運ばれ、男のおち●ちんが私のあそこをどんどん突いている…最終的には顔にたっぷりの精子を掛けられてしまった。